石の物語

ジュエリーと石の物語‐Gem’s story#24~Andesine(アンデシン)

ジュエリーと石の物語‐Gem’s story#24~Andesine(アンデシン)は、”聖石”として古くから祭祀に使用していた宝石

Andesine(アンデシン)は、南米アンデス山脈で発見され、ムーンストーンやラブラドライトの中間の性質を持つ宝石として2000年代になって正式に認定されました。一方チベットでは、赤いアンデシンを”聖石”として古くから祭祀に使用していたようです。透明で濃い赤色のアンデシン(Red Andesine)は、コクのある真っ赤な炎を思わせる最高級の宝石として珍重されます。産出量が少ない上に、色のバリエーションも豊富で、光を当てると別の色が見えるカラーチェンジアンデシンも存在し、その神秘性は稀少石の新人アイドルのような計り知れない魅力を持つ宝石です。

アンデシンのメッセージ-鳥かごの中の自由を終わりにして、真の自由を体験する時です-

「今、周りを判断することに興味がなくなり、人生に楽しみが増えるような変化が起きています。自分を束縛していながら僅かばかりの自由にすがり、自分にも周りにも厳しくしてきたことに気づいてください。期待やルール、批判やこだわりによって生じている体験にうんざりしていませんか?閃くままに直感に従って行動し、変容を受け入れてみましょう。あなた自身の世界を大切にすることが増え、純真に楽しめるようになります。ライフスタイルの再構築もおき、新たなステージが始まるかもしれません。さぁ、真の自由への橋を渡る準備はできていますか?」

Andesine Collection

How to order


Other Stories

ALL

Translate »
保護されたコンテンツです。Copying is not allowed!!