飯田和子さまラ[ブフォースクリスタルセッション]

幸せな結婚生活と 自分を活かした仕事の成幸
どちらも叶えるチカラ☆ラブフォースを磨く

こんにちは
ラブフォースジュエリー作家
森田知子です。

 

ご訪問、ありがとうございます。

[ラブフォース クリスタル セッション]のラブという言葉、

これは人によって様々な解釈を持っている、広くて深い言葉です。

 

それゆえに、

愛!? 

それが大事だと知ってはいるけど、だから!なんなのよぉ~

それがわかれば、警察いらね~よ!!・・とか、、、

 

反発する気持ちもあったりして・・・
計り知れない・・・というか、
むしろわかりにくい・・・

という面もありますね。

 

今日は、5月に[ラブフォース クリスタル セッション]を受けられた

ママたまコンシェルジュとして、
ベビー&ママサロン ブルーバードのオーナーとしてご活躍の、
飯田和子さんの感想を、

あらためてご紹介しますね。

 

和子さんは、出産前後のママさんたちの心強い味方として、

自宅サロンで妊婦さんをサポートされていらっしゃいます。

 

 

愛があると、
愛とつながると、

愛に気が付くと、

人はどんなふうに、
何を感じるのでしょうか?

ぜひ想像しながら和子さんの感想を読んでみてくださいね。

 

 

[主人の発言が変わったのには、驚きました]飯田和子さん 36歳

 

セッションを受けるきっかけは、

何か自分の中にぬぐえないヴェールというかがあり、

その殻が自分の可能性を狭めているような気がしていて、

このセッションをきっかけに、その殻を破り、

自分の内なるものともっと向き合い
自分を知りたかったのが理由です。

 

 

セッションを終えて、

自分の本質、
ラブフォースを知る
ことで、

肩に余計な力が入らなくなり

自分がうまく流れていくためのコツ
のようなものがつかめた気がします。

 

 

ラブフォースを意識することで、

主人の発言が変わったのには驚きました!

 

無理をしない。
頑張りすぎない。
役割に縛られない。

知らない間に自分に課していたものをなくすことで、

こんなにも、周りや流れが変わるんだなと
びっくりしています

 

ラブフォースをもっと発揮していくために、
どのように石を味方につけて使っていくか、

ラブフォースを忘れないための、

これまでの生きていく癖から脱却するための一手も、

明確にしていただけたたことがとてもよかったです。

 

そのおかげで、モヤモヤがココロに浮かんだとき、

すぐに自分を客観視し、

深い部分での軌道修正ができるようになりました。

 石を使ってラブフォースを高めていく

ということが分かったような気がします。

 

たくさんある石の中から、

直感『これだ!』と思う石を見つけることができることに、

本当に驚きました。

 

 

 

 知子さんは、柔らかい印象なのに、

とても芯があり、
熱い思いを持っていて、
愛を感じ、
温かいものに包まれている感じです。

 

このセッションは、

このままの自分でいいのだろうかと迷いを感じている方や、
もっと自分の本来の力を発揮したい
自分の本質を取り戻したいという方にオススメです。

 

和子さん、ありがとうございました。

和子さんは、「世界で一番幸せなマタニティライフへと導く」

ベビー&ママのためのサロン 
ブルーバードのオーナーセラピストとしてご活躍の方です。

 

セラピストというお仕事柄、

というかこの感性があるからこそ、
このお仕事を選んだと感じるほどの、

さえた直観力と共感力で、

ご自身の本来お持ちのラブフォースとすんなりつながり

どこが余分で、
どこが主で、
どこがやり過ぎなのかを、

 すんなり見極めてゆかれました。

 

 

和子さんが、ラブフォースを引き出すために選んだ石は、

[ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルの双晶(双子)]でした。

 

上の写真は、[ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルの単結晶]。

和子さんの選んだ石は、単結晶が根元でくっついてハートに見える
「双晶」という石。

ご夫婦の在り方も、常々、
「双子の魂」と感じておられたということです。

 

こういう偶然の一致

出会うべくして出会う石

ご自身の魂を形にしたような石との出会いのようでした。

たくさんの石が並ぶ中で、

ハーキマーを事前にまったくご存じないのに

これ!と選べる

これが、ゼロ磁場真鶴の特徴であり、

「内側とつながることで、すべての問題は解決する」
または、

「内側にある愛とつながることで、答えが簡単にわかる」
ということなのです。

 

 

”ラブフォース”という力は、後天的に磨かれた才能のことではなく、

 私たちが生まれるときに備わっているチカラ

これをギフトと呼びますが、

このことを指しています。

 

 私たちは、それをプレゼントとして与えるために地球に来ているんですね。

与える
と表現すると、誰かにモノをあげるようですが、

 

ただ本来の自分を生きていれば、与えられる。

与えている。
ということなので、

余分なチカラを抜く

自分らしくないことをやめるだけで、いいのです。

 

和子さんの場合、

”余分な力”が抜けた時に、

ご主人が、自分から動くようになったという変化。

自分がやらなきゃっ!と頑張るチカラを抜いたら、

周りが、自分から動く、自然に動く

という流れが生まれたのです。

 

和子さん、ご感想ありがとうございました。

妊婦さんが、リラックスできる場所って本当に少ないから、

ご活躍期待しております。

 

 

さて、もともと持っているチカラだから、

自分でわかるのです。

 

うすうすは、わかっているかもしれませんが、

もっとうるさい声にかき消されて、

なかなか聞こえなかっただけですね。

ご自身のラブフォースを知りたい方は、

「ラブフォースクリスタルセッション」にどうぞ。

10月前半☆日程アップしました!

 

ラブフォース クリスタル セッションのご案内

幸せになるチカラは、すべての女性に備わっています。
あなたの幸せを楽しく叶えるチカラ “ラブフォース”の特徴と、
“ラブフォース”を惹きだすクリスタルの選び方がわかります。

・あなたの幸せになるチカラ “ラブフォース”の特徴
・あなただけのラブフォースを惹きだす石の選び方や使い方
・ラブフォースを最大限に活用する具体策

を持ち帰ることができる120分のセッションです。

風にかえるアトリエ主宰、ラブフォース プロデューサー /ラブフォース ジュエリー作家。
ゼロ地場の真鶴半島にアトリエを構え、女性に本来備わる「幸せになるチカラ」を惹きだし、磨くサポートをしています。夫と、よくしゃべる猫のアトリエ執事・海くんと三人暮らし。趣味はフラダンスと空の観察。