結婚指輪を買った当時の思い出が綴られたお手紙を頂きました。

幸せな結婚生活と 自分を活かした仕事の成幸
どちらも叶えるチカラ☆ラブフォースを磨く

こんにちは
ラブフォースジュエリー作家
森田知子です。

 

 

 

昨日は霧で包まれ、幻想的な真鶴でした。

今日は、心地よい風~♪

天候がからっとしていると、それだけで嬉しい~♪ 単純ですね~ 

さて、今日は<結婚指輪のリフォーム>をしたお客様から、

お手紙をいただいたのでご紹介します。

小田原作品展でコラボをしている
<水玉ごはん>の英子ちゃんのお母さまからです。

桜の時期に頂いたお手紙は、便箋が桜色で、

なんとも! すてき。お直しした指輪をはめた時のお気持ちが、

ここに表れているようでした。嬉しいお気持ちがど~んと伝わってくるお手紙でした。

お役にたててほんとうに嬉しいです。

結婚指輪って、特別なものですね。

 

桜の開花が待たれるこの頃です。

いつも娘が大変お世話になっております。

この度は指輪の直しをありがとうございました。

 

抽斗の隅に眠っていた指輪がピカピカになって戻って

とても嬉しくなりました。

 

思い起こせば 遠い四十数年、
主人と二人での初めての買物
この結婚指輪でした。

 

定員さんが色々並べて下さる物の中から、

ダイヤ柄が気に入って決めたものでした。

 

当時の私には、

今の様な体形も周りも変わり、

指輪も擦り減ってしまう程、年月がたってしまうとは、

想像も出来ませんでしたが、

蘇えった指輪を身に付けて、心新たに新鮮な想いで。

日々を過ごしたいと思います。

気温の変動が続いております、どうぞお体をご自愛下さい。

ありがとうございました。

 

お手紙ありがとうございました。

結婚指輪には、いろいろ想いが込められていますね。

この指輪には、写真でまみえませんが、
◇◇◇←これが重なっているように彫られています。
 

 
 
 
四十数年前としたら、とても斬新なデザインで
きっと数あるデザインの中から、ぱっとこれに目がいったことでしょう。
 
ご主人は、海外出張の際に、
指輪をお土産にすることもあったということですから 、
お二人で指輪を買いに行くことや、
宝飾品を買うことが、そもそもお好きなのだなあと感じました。
 
このリフォームがきっかけで、
二人で、デパートで待ち合わせた時のことや
店員さんがたくさん並べてくれたのに、
ダイヤ柄が決め手であっという間に決めたことなど、
 
いろいろ思い出がよみがえってきたようです。
 
 
結婚指輪は、サイズが合わなくなったり、
怪我や病気などいろんなタイミングで外した
 
結婚にも、結婚指輪にも、もちろんたくさんたくさんストーリーがあります。
 
だからこそ、結婚指輪をつくるのも、リフォームも、

私には感動ひとしおの特別な作業となっています。

 
リフォームなどのご相談も受け付けています。
 
 
お客様の感動の物語の記録「フォトギャラリーはこちらご覧になれます。」↓  ↓  ↓
 

ラブフォース クリスタル セッションのご案内

幸せになるチカラは、すべての女性に備わっています。
あなたの幸せを楽しく叶えるチカラ “ラブフォース”の特徴と、
“ラブフォース”を惹きだすクリスタルの選び方がわかります。

・あなたの幸せになるチカラ “ラブフォース”の特徴
・あなただけのラブフォースを惹きだす石の選び方や使い方
・ラブフォースを最大限に活用する具体策

を持ち帰ることができる120分のセッションです。
風にかえるアトリエ主宰、ラブフォース プロデューサー /ラブフォース ジュエリー作家。 ゼロ地場の真鶴半島にアトリエを構え、女性に本来備わる「幸せになるチカラ」を惹きだし、磨くサポートをしています。夫と、よくしゃべる猫のアトリエ執事・海くんと三人暮らし。趣味はフラダンスと空の観察。