〜幸せな結婚生活と自分を活かした仕事の成幸、どちらも叶えるチカラを磨く〜 風にかえるアトリエ 

森田知子プロフィール

  • HOME »
  • 森田知子プロフィール
森田知子 ラブフォース プロデューサー

幸せな結婚生活自分を活かした仕事の成幸
どちらも叶えるチカラを磨く

ラブフォースプロデューサー

ラブフォースジュエリー作家

風にかえるアトリエ 主宰
森田 知子

森田知子の志命

を選び、恩恵を受けとり、
[男女が助け合う相互協力の魅力]を伝えること。

そのために、ラブフォースを磨く志事を提供することで、
愛にあふれた豊かなコミュニティを創ること。

 

森田知子のラブフォース ストーリー

始まりは山奥

私の人生は、父が教師をしていた信州の山奥の分校で生まれ、

豊かな自然に、感受性をたっぷり育まれて始まります。

教育者の両親は自由放任主義で、
活発な女の子として育ちますが、

どう言うわけか“理系の体育会系”だと勘違いし、

「なぜ人は生きているのか?」と迷路にはまり、

揚句の果ては、ただ資格を取るためだけに学校へ進みます。

夢も希望もない毎日に疲れ、
ある日心のバランスを崩していることに気がつきます。

そこから、「自分探しの旅」が始まりました。

 

好きな仕事で暮らしたい

心の声「自分がわからないなら、探せばいいのだ!」
が聞こえました。

演劇心理学に魅了され、
自分の過去を癒すたびに、
チャンスが訪れ、

を感じる豊かな感受性が惹きだされ、

舞台衣装家となります。

大満足の仕事でしたが、
舞台の仕事だけでは食べられない

演劇界の厳しい現実を知り、がっかり。

 

に触れていたら涙が出た」体験で、
 石には、心をいやす魔法がある!!!

石と心の神秘的なつながりを直感し、
わくわくしました。

素材を布から石に変えて、
惹きこまれるように創作ジュリー作家としての道を歩み始めます。

「アルバイトでなく、朝から好きな仕事をして暮らしたい」

という 叶える ことができたのです。

 

ところがプライベートでは、、、

当時付き合っていた彼と未来を誓いますが、競争しあい、

心が未熟なままでは幸せになれないと痛感し、
まず自分を満たすことをはじめました。

 

「この場所は私の為にある!」という直感に従って、

神奈川県真鶴町にアトリエを創ります。

豊かな自然環境のなかで、こころおきなく作業に没頭し、
大好きなフラダンスを踊り、ハートを解放しながら、

創作ジュエリー作家として経験を重ねます。


 

石に頼らず、石を使って夢を叶える方を応援したい

そんな思いが強くなりました。

 

お客様の願いを託されることが多い「石」の仕事のなかで、

石をが好きで集めてばかりで、
自分と向き合わず、
慢性的な不満を抱えたままでいるケースや

石についての知識がなくても、
石がきっかけで、チャンスをものにしてゆくケース、

この 違い に注目しました。

 

石が、単なる趣味にとどまらず、

悩みから解放し、
人生を豊かにするものであることを実体験し、

セラピストとしての体験 を融合させて、

セラピー効果のあるジュエリー相談を確立します。

 

 

仕事だけでなく、幸せな結婚もしたい

ところがです!
幸せな結婚生活を願って、アトリエを離嫁ごうとしたのですが、

ある日「ごめんなさい」と
別れ を告げている自分がいました。

 

「自分の人生に、なくてはならない大切なものにはこだわろう 」

と思い直し、
気持ちを入れ替えて、

 

「この仕事は、私しかできないことだから、続けます。

料理出来ませんがよろしいですか?」

お付き合いの初めから、
全部 まるごとさらけ出せた相手が今の夫。

 

現在は、猫の海くん(アトリエ執事)と三人で、
真鶴に住んでいます。

 

好きな場所好きな仕事をして
好きな人
と暮らすことは、

実現できるのです。

 

そして、自分らしい在り方を追求すればするほど、

幸せを受け取れ、
物事が好転し、

周りも望みが叶って、
循環の輪ができることを実感しました。
  
女性に本来備わっているラブフォースを、
身をもって理解したのです。

 

私の実体験をもとにして、

*女性らしく、頑張りすぎずに、

欲求に素直に、幸せになるための、

*石を使って、プロセスを最短ルートに導く

[ラブフォースプログラム]が生まれました。

 

 

ラブフォース物語のはじまり

私の夫は、消防士として家事と災害救助に携わっています。 

 

「夫婦が仲良く、
お互いの夢を応援し続けることで、

この世界から火事と災害を減らすこと。」
  
  
これは、
「愛があれば、痛みはち去らざる負えない

という愛の基本ルールを、
私たち夫婦に添ってアレンジした、
私たち夫婦の志命です。

 

私たちは、語り合い、協力し合い、癒し合い、

夫婦の愛をより成熟させて、

災害の方が、私たちの周りから去ってゆく
平和な世界を創ります。

 

私はラブフォースジュエリーを創り、
夫は自慢の料理の腕を振るい、
風にかえるアトリエの森を二人で育て、

ひとりの女性起業家として、

ラブフォース物語を書き続けています。

 

・好きなモノこと
フラダンスと猫 空の観察 カルパッチョとラーメン 木の実(ナッツ)お肉
・好きな言葉
目には見えない けれど つながってる
・性格
さざえさんのDNAを受け継ぐそそっかしさ 財布を忘れて飛び出すタイプ

 

森田夫婦

 

森田知子 略歴

2000年 6月ギャラリーでの初個展 作家デビュー
2001年 8月8日

 末広がりの「8」の日に、神奈川県真鶴町に引越し。

 [風にかえるアトリエ]での創作ジュエリー活動をスタート

2004年

・長野県大町市の実家の客間で[信州作品展]

 すべての始まりはHome! 

2006 ~2015年

・真鶴 [風にかえるアトリエ] 作品展

・静岡県熱海市 [ギャラリー藍花 ~森なる風の花咲くところ] 個展

・西武デパートグループ展出展

・沼津市Cafe&Gallary 珈舎 [流れの源・源流展」2013年~

・小田原市[アトリエ・コミネ] 個展「感動を与える人になる」

・三島市[大社の杜・みしま] ギャラリーKIRARAで、1か月のロングラン作品展

・銀座彩波画廊 個展偶然電車で意気投合した方が、銀座画廊を紹介!で、銀座デビュー

・厚木市[ギャラリー慶] 作品展

 

ラブフォース クリスタル セッションのご案内

幸せになるチカラは、すべての女性に備わっています。
あなたの幸せを楽しく叶えるチカラ “ラブフォース”の特徴と、
“ラブフォース”を惹きだすクリスタルの選び方がわかります。

・あなたの幸せになるチカラ “ラブフォース”の特徴
・あなただけのラブフォースを惹きだす石の選び方や使い方
・ラブフォースを最大限に活用する具体策

を持ち帰ることができる120分のセッションです。

森田知子プロフィール

森田知子

風にかえるアトリエ主宰。ラブフォース プロデューサー /ラブフォース ジュエリー作家。
ゼロ地場の真鶴半島にアトリエを構え、女性に本来備わっている「幸せになるチカラ」を惹きだし磨くサポートをしています。
夫と、アトリエ執事・猫の海くんと三人暮らし。無類の木の実(ナッツ)好き。趣味はフラダンスと空の観察。

さらに詳しくはこちら »

Facebookでつながってください

PAGETOP
© 2016 ラブフォース ジュエリー 風にかえるアトリエ All Rights Reserved.