N様 ハーキマーペンダントトップ K18-4

ゼロ磁場・真鶴で、
パートナーシップを成幸に導くチカラ
☆ラブフォースを磨く

\ラブフォースプロデューサー  森田知子のブログへようこそ/

 

朝から雨で、冷え冷えとした真鶴です。 
暑さが、一休みですね。

お盆は、信州の実家に帰っていました。

今日は、その時に同級生にお渡しした、
オーダージュエリーについてのお話です。

どんな話をして、
どんな作品ができるのか、製作過程をご紹介します。

 

お悩みをジュエリーで解決する

 

お悩みは、「抵抗をやめて、素直になりたい!」

自分にだけ気持ちが向いてて
 譲ればいいってわかってるけど、できない〜』

「あっちにも、こっちにも、ぶつかってて、
でも、なんで私から譲らなきゃいけないのって、反発しちゃう。」

そして、「こんな時でも、自信を持てるような石で、
ペンダントが欲しい」
 
というのが、今回のジュエリー制作の出発点でした。

N様 ハーキマーペンダントトップ K18-3
ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタル K18ペンダント
スライド鎖 K18

デザインが決まるまでに話したこと

脱皮の渦中にいることを、
冷静に把握している彼女は、
 
「この執着を、どうやって越えようか?」と、
出口に向かう話が淡々とできました。

落ち着いて、
今まで」と、
」と、
変わった先

この三つを明確にできると、
変わるプロセスの半分は終わっています。

 

「今」いる場所は、

馴染んでいた私という性格の一部が、
もう古くなって、使えなくなってきたような、
 
車でいうなら、
乗り換えのタイミングです♡

このタイミングで、私とお会いする方は多いのですね~♫

彼女とも、なかなかゆっくり会えるタイミングがなかったのに、
今回は、たまたま二度の帰省があり、じっくり話せました。

 

ご本人のなりたい姿のイメージを惹きだしています。

どんな風になりたいかの
変化の先の気持ち(ビジョン)もお聞きしました。
 
ここは、当の本人がしっかりイメージできるよう、
聞きだしていますよ。

イメージを押し付けず、
惹きだすのが、私の仕事です。

ここを惹きだすと、
どんな石を使うか?が、決まってきます。

自己責任感が出て、
状況に押しつぶされないような、
変わることへのパワーも出てきます。

  
石に頼らず、すがらず、
自分が変わる意志を持つと、
石の力を、後押しとして使えるのです。

こことっても大事ですね。

石を持てば何とかなるだろうと、
すがる方の応援はしておりません。

 
相談の結果、決まった素材は?

 一粒でも存在感のあるハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルを使って、

仕事もプライベートでも、TPOに関係なく、
いつでも身につけられるペンダントとして、
 
より囚われのない、自由な自分」への、
変化を後押しするジュエリーを創ることになりました。

 

N様 ハーキマーペンダントトップ K18-1

 

【殻を破る手前は一番苦しい】

彼女の恵まれているところは、
彼女をサポートしている人が、
すでに周りにいるところ。

すったもんだしたとしても、
変わらぬ優しさで見守ってくれるご主人も、
スタッフもいます。

 

しかしながら、[今までのパターン]にしがみついている時には、

サポートの言葉が、
サポートに聞こえない!

サポーターが、嫌味な人に見えている~~~かも。

殻を破る手前は、一番苦しいですね。

 

誰かが四六時中ついてあげることはできないけれど、
石は、あなたをいつも応援できます。

石をただ身につけていれば、
変われるっていうことではありません。

ご本人の変わる
同じ方向へ後押しする石を身につけ、

さらに、自分自身を信じていると、

殻を破るって、
息を吐くのと似てる〜とか、
トイレに行くのと似てる〜^^とか、

手放す ってことなんだなと

変わるコツを、ジワジワつかめて、
執着していた力が抜けて、
だんだん楽しくなってゆくのです。

脱皮って、制服を脱ぐようだね。

 

ハーキマーを選んだ理由

ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルは、
[双方向性]という働きがあって、
図で説明すると、こんなかんじ。

どちらか一方に執着するより、
柔軟性な受容性を刺激して増やしてくれます。

柔軟でありつつ、心の芯はしっかり持っていたい時は、
ハーキマーがお薦めです。

N様 ハーキマーペンダントトップ K18-2

オッケーサイン

一回目の相談の後、
彼女に振ってきた言葉は、「信じる」だとか。

作品につけた私の作品タイトルは、
「TRUST]信じて頼るチカラ

 

見事ぴったり一致しました。

信州で相談を受け、
真鶴に戻って、私にお任せされていた石選び、

これはオッケーサインと受け止めました。

鎖は、合わせる服が変わっても対応自在な、
長さ調節のできるスライド鎖50センチ。
(長めの鎖は、一本あると便利です)

 

作品をお渡ししたら、急に声が大きくなって♫
ヨッシャと、気合が入ったみたい。

悩みがあっても、堂々と胸を張っていいんです♡

石と共に、プロセスを見守ります。
がんばって♡

 

さいごに

今日は、ハーキマーダイヤモンドクリスタルを使った

[執着を手放して、
もっと自由に、もっともっと輝いて
楽しみを味わうための、
信じる気持ちを後押しするペンダント]の
製作プロセスついてお伝えしました。

 

オーダージュエリーの製作プロセスが、
少しでもおわかりいただけたでしょうか。

ご自分で、アトリエで石を選びたい方は、
こちらまでご連絡ください。

 

石の働きと、変化の先の姿を理解していると、
変化は、とっても楽しいものになります。

石の働きを体験できる[ラブフォースクリスタルセッション]
がお薦めです。

ラブフォース クリスタル セッションのご案内

幸せになるチカラは、すべての女性に備わっています。
あなたの幸せを楽しく叶えるチカラ “ラブフォース”の特徴と、
“ラブフォース”を惹きだすクリスタルの選び方がわかります。

・あなたの幸せになるチカラ “ラブフォース”の特徴
・あなただけのラブフォースを惹きだす石の選び方や使い方
・ラブフォースを最大限に活用する具体策

を持ち帰ることができる120分のセッションです。

風にかえるアトリエ主宰、ラブフォース プロデューサー /ラブフォース ジュエリー作家。
ゼロ地場の真鶴半島にアトリエを構え、女性に本来備わる「幸せになるチカラ」を惹きだし、磨くサポートをしています。夫と、よくしゃべる猫のアトリエ執事・海くんと三人暮らし。趣味はフラダンスと空の観察。