ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタル 原石2017.1

ゼロ磁場・真鶴で、
パートナーシップを成幸に導くチカラ
☆ラブフォースを磨く

\ラブフォースプロデューサー  森田知子のブログへようこそ/

 

今日は、シンクロ・偶然の一致についての話です。

ラブフォースジュエリーでおきるミラクル

偶然の、絶妙なタイミングでおきたひとつの出来事について、
お客様の声をご紹介しながら、ご紹介します。

お客様は、小田原でアロママッサージのサロンを開いてらっしゃるセラピストのよう子さん。

真鶴遠足にもご参加くださいました。
 
ご自宅では、二人の娘さんと、
二匹の黒猫ニャンズのママでもあります。

よう子さんとお話しする時、

たびたび「」の話が出てきて、

今回も、二つの石がセットになったピアスと出会いがありました♡♡
(これも、プチ・シンクロ)

 

 では、ピアスの感想からご紹介します。

[仕事とフラと、プライベートがつながる! 理想の形が自然とできました。] 
よう子様 アロマセラピスト

真鶴遠足で、一緒に三ツ石で日光浴をしたので、
を感じハーキマ-・ダイヤモンドのピアスの購入を決めました。

ピアスが到着したての活きのいいピアスの写真を撮り、

ファーストピアスを外して、初めてしたピアスが、
このハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルのピアスでした。


 

ハーキマー・ダイヤモンドを身につけて出かけたこの日は、

イベントを予定している会場の下見と、
同時にプライベートでの相談もあったので、

ピアスをして出かけましたが、

 

お仕事とフラと、プライベートの境界線が薄くなる、

という貴重な体験をしてきました。

出かけた先での会話も濃厚でした。
 

イベント会場は、フラを始めるきっかけになったハワイアンカフェです。

フラ関係でも何かあると相談することも多いのですが、
最近ではプライベートの話も尽きません。


これまで思い描いてきた理想の形が、

自然にできてきたように思います。


(↑よう子さんによる撮影↑)
 
ピアスの輝きがすごいです。

 

ファーストピアスの次がハーキマーだなんて、なんて贅沢なのだろう
と思いつつ、

もったいないという思いよりも、

身につけることを楽しんで喜んでいます。 

 

この想いを大切にしていきたいと思います。

 

森田 知子さんは、
肩の力を抜いて何でも話せる人。

それは、きちんと受け止めてくれる人だという信頼感があるから。

 

時々びっくりするほどお茶目な面がのぞくのも、可愛らしくて大好きな人です。

今後身につけてみたい素材は、

珊瑚とか揺れるピアスもいいなぁ
タッセルや羽根もいいかも。
夢は尽きません(*^-^*)

ラブフォースジュエリーの作品は、

愛や拓かれている道があるのに、

そちらに行かずに心を閉ざしてしまう癖のある人にお薦めです。

 

ようこさん、ありがとうございました。

 
 (↑よう子さんと真鶴遠足にて↑ 三ツ石までの道を渡っているところ)

 

[お客様のプロセスとシンクロするジュエリー制作]

ラブフォースジュエリーの作品は、

製作プロセスと、お客様のプロセスがシンクロ(偶然の一致)
するのが特徴です。

 

シンクロ(偶然の一致)ってどのようにおきるのでしょう?

ここに、ご興味ありますよね?
 
 
どうやったら、自分のためにあるような、
石や作品を手に入れられるか?

考えたことありますか?

偶然の一致に、何かコツはあるでしょうか?

  
おひとりお一人でプロセスは様々ですが、

今回は、よう子さんにピアスが届いて、
「夢が理想の形になった!」体験をするまでを、

時系列順に振り返ってみます。

 

答えを先に言いますと、
 

石のキーワードと、
気持ちと、
受けとる姿勢、

この3つが揃った時に、
望んだ結果が、自然と受け取れます☆

ちなみに、ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルは、
[繋がる]がキーワードです。

[双方向性]と「2」もキーワードです。

 

[真鶴遠足☆2日前] ハーキマーダイヤモンドを託される
  

世界の宝飾・ビッグブランドの集まる展示会に
仕入れに行きました。

真珠探しの目的でしたが、、、予想外のことが。
 
 

ビッカピッカのハーキマーダイヤモンドに会い、
出会ってしまったので、

これらは私の為にあると勝手に思い込み、

「これは必然!、私のお仕事だわ♡」と、
ビッカピッカさんをまとめて持ち帰ることに。

 

国際宝飾展ですから、
いわゆる宝飾用ルース(ダイヤ・エメラルドなど)素材の中で、

自然結晶のハーキマーは注目されず(^^)v、
ぽっかり穴場となっておりました。

競い合うこともなく、
すんなり私の所へいらしたの。

 


これが、真鶴遠足二日前に私に起きた出来事。
そして次は、翌日です。

[真鶴遠足☆前日] スマホのバカちょん撮影の反響

ボーとしながら、朝の光で撮影してみたら、
なんと、影まで光ってる!

パワフルな写真となりました。
 

Facebookに投稿したら、とても好評で、

「待ち受けにこの写真を使います♫」
という方が何人もいらっしゃいました。

 

その反響に、
この石や、この石から受け取れるメッセージが
この時代に必要とされてるなと、

強くツヨク感じました。

 あっ、いいな!とか、
なんだか気になる!

これは、サインです。

惹かれたときには理由がわからないけれど、
大切なサインであることが多いのです。

 

では、次は真鶴遠足二日目。

[真鶴遠足☆当日]ハーキマーピアスが届いたので、一緒に三ツ石へ渡る

「大人の遠足」二日目の朝、

朝陽を眺めて帰宅し、また出かける迄の、
わずかの時間に工房から荷物が届いた。

中にはハーキマーのピアス!

 [繋がりをつくる遠足]のテーマにピッタリ
なんという偶然、なんというタイミング

アトリエ周りは、宅配便の配達が午後になることが多く、
身支度だけのわずかな時間に、
タイミングよく届いたことに嬉しくなって、

ピアスをポーチに入れて、一緒に三ツ石へ渡りました。

 

そして、海岸に打ち上げられた流木に座って、
海を見ながらコーヒーブレイク中に、写真を撮りました。


(撮影/yasuyukimorita)

[遠足☆翌日]アトリエ内撮影と石が喜ぶ撮影


翌日アトリエ内で再撮影し、

前日の流木の上と、設備の整ったアトリエでの撮影と、
二つを比べてみると、、、

同じピアスなのですが、
私は、流木の上の写真が好き。

どちらも腕がよい夫の撮影だけど、

アトリエ内での撮影は、
照明、角度、高さ、試行錯誤で結構時間がかかりました。

 

流木の上は、落ちないようにピアスを置いての、
たった数分の出来事。

夫からは『かなりの無茶振りだった!』とか言われたけど、

接写で手ブレが無いのは、確かに凄いかもだが、

なにより、石が喜んでるっていう空気感がある感じ、
これいいなぁ。

 

三ツ石渡りの感動と一体感の中での撮影には、

石も、撮ってる人も、
そこにいるイキモノの!!!楽しんでる波動が映り込む。
(これって、映画の撮影と似ています。)

 

石を持つ時、
「嬉しい♡
って、身につけるのと、

「効果があるから」
って身につけるのと、
結果は大きく違います。

だって、石は気持ちに働きかけてるからね。

さて、このピアスはすぐによう子さんの元へ発送され、

到着後に身につけて出かけたら、

冒頭に紹介した感想にあるように
「仕事もフラも、プライベートも繋がる体験」へと展開したのです。

 

喜びピアスの体験は、ようこさんのブログに詳しく載っています。
アロマサロンY’s香房

こちらもどうぞ読んでみてくださいね。

 

偶然に一致するタイミング

今日は、シンクロ(偶然の一致)について、

お客様の体験された実例をお伝えしてきました。

お客様おひとりづつ違うシンクロ現象、
これからもご紹介してまいります。

あなたのためにある素材、必ずありますからね♡

 

最後に 「つながることは、あらゆる問題解決の鍵なのです。」

セラピストやボディーワーカー、
司会やセミナー講師、
料理やメイク関係のアーティストなど、

人と人との中間に入る方に、
あちらとこちらをつなげるために、
ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタルは役に立つはず。

 

ハーキマーダイヤモンドを語ろう♬
繋がりがどんだけ大事か語ろう〜♬
と強く思っています。

 

夢へとつなげ
幸せとつなげ
次の一歩と、つなげ、
笑顔につなげるハーキマー

 

忘れてた想いとつなげ、
忘れてた繋がりと、つなぐハーキマー

 

水晶だけど、ダイヤに近い輝き
しかも研磨や磨きのない自然結晶。

ニューヨークでしか採れない希少な石です。

 

ネットでの販売を希望される方も多いのですが、

石も相手を選びます。

たくさんのハーキマーを手のひらに載せて、

あなたのために強く輝き、サインを送る石を、

ぜひ、見つけてくださいね。

 

ラブフォース クリスタル セッションのご案内

幸せになるチカラは、すべての女性に備わっています。
あなたの幸せを楽しく叶えるチカラ “ラブフォース”の特徴と、
“ラブフォース”を惹きだすクリスタルの選び方がわかります。

・あなたの幸せになるチカラ “ラブフォース”の特徴
・あなただけのラブフォースを惹きだす石の選び方や使い方
・ラブフォースを最大限に活用する具体策

を持ち帰ることができる120分のセッションです。
風にかえるアトリエ主宰、ラブフォース プロデューサー /ラブフォース ジュエリー作家。 ゼロ地場の真鶴半島にアトリエを構え、女性に本来備わる「幸せになるチカラ」を惹きだし、磨くサポートをしています。夫と、よくしゃべる猫のアトリエ執事・海くんと三人暮らし。趣味はフラダンスと空の観察。