オーダージュエリーでの石選び

ゼロ磁場・真鶴で、
パートナーシップを成幸に導くチカラ
☆ラブフォースを磨く

\ラブフォースプロデューサー  森田知子のブログへようこそ/

 

急に涼しくなって、
気になっていたところの掃除を始めた私です。

片づけをしたい時は、
心を整理したい時。

または、心がすっと整った時には、
ぐちゃぐちゃなところが、とっても気になり、
模様替えしたくなりますね~

 

少しずつでも、何かが吹っ切れて変化をしてゆくと、
ある時、今まで馴染んでいたデザインに、
急に強い違和感を感じることってありませんか?

ブレスレットやネックレスは、

そういう心の変化のタイミングで、
切れたり取れたりすることがあります。

 

さてさて、今日は、オーダージュエリーの石選びについての話です。

お客様に合う石を見つける方法(ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタル編)
 
  ハーキマー・ダイヤモンド・クリスタル 新入荷! 2017.1月

幾つも同じ石があっても、
お客様をイメージして探していると、
その中の一つがぴかっと光って応えます。

 

小さな石も、ピンセットでつまんで拾い上げていると、
キラッと反応する石があります。

例えば、前回のブログでご紹介したこちらの作品。

N様 ハーキマーペンダントトップ K18-3

 

ご注文いただいたの時のお客様のリクエストは、

グレードのいい石がいい。」
「ちょっと大きめの石を、自信とともに身につけたい」
のある石が欲しい」

という3つでした。

このお客様のリクエストから行くと、
1センチ以下の無色透明で、輝くハーキマーとなります。

無色透明な場合、
どれも同じで見分けがつかないかな?
ハーキマーって、だいたい無色透明じゃん!?
と思いきや、

自信というキーワードから、

バランスのいい形で、
光りが強いタイプがよさそうだと、

選ぶ範囲は絞られます。

 

ダイヤモンド寄りの強い光を持つモノや、
水晶よりの、優しい石など、
透明なハーキマーでも、いろいろ特徴があります。

また、よく見ると形も様々ですので、

最終的には、お客さまをイメージしていると、
石がぴかりと反応してくれるサインをもとに、

「これだ!」と決定します。

今回は、ユニークな形は避けて、
バランスのいい、存在感のある一粒を選びました。

 

そうして完成したのがこちらの作品。

ぷっくりふっくり、一粒でも、存在感のあるペンダントトップになりました。

N様 ハーキマーペンダントトップ K18-1

最後に

今日は、オーダージュエリーの石の選び方について
お伝えしました。

ゼロ磁場の真鶴に立地している[風にかえるアトリエ]にきて、
石選びをしていただくのがベストですが、

最近は、オンラインでのご注文が増えました。

離れていても、どんな働きの石がいいのかを
明確にするなど、
綿密なやり取りをしてゆくと、
離れていても、見つかるものですね。

最近は、SkypeやZoomなど、
テレビ電話もあるので、簡単に距離を越えることができます。

アトリエに来られない方のご相談も受け付けています。

どうぞご相談くださいませ。

 

ラブフォース クリスタル セッションのご案内

幸せになるチカラは、すべての女性に備わっています。
あなたの幸せを楽しく叶えるチカラ “ラブフォース”の特徴と、
“ラブフォース”を惹きだすクリスタルの選び方がわかります。

・あなたの幸せになるチカラ “ラブフォース”の特徴
・あなただけのラブフォースを惹きだす石の選び方や使い方
・ラブフォースを最大限に活用する具体策

を持ち帰ることができる120分のセッションです。

風にかえるアトリエ主宰、ラブフォース プロデューサー /ラブフォース ジュエリー作家。
ゼロ地場の真鶴半島にアトリエを構え、女性に本来備わる「幸せになるチカラ」を惹きだし、磨くサポートをしています。夫と、よくしゃべる猫のアトリエ執事・海くんと三人暮らし。趣味はフラダンスと空の観察。